初めてのレース参戦。高取戦国ヒルクライム

自転車を始めてから、初めてのレース参戦。
しかも、苦手なヒルクライム。

平坦のレースも出てみたいけど、落車のリスクが払拭できないので嫁との協議で平坦は禁止。
なので、ヒルクライムに参戦。

今回のレースは地元の奈良で開催&嫁の実家から車で15分の近所なので参戦を決意。
レースってものも経験してみたかったし。

もともとは、O.H.Cに加入させてもらう前に申し込みしてたんですが、結果としてチームに加入してからのレースで良かった。お一人様だったら、楽しめなかったと思うし、時間を相当持て余してた。
ワイワイできて楽しかったw


区役所に到着後、ローラーをセットし、集まってくるメンバーに挨拶する。大所帯なので初めて会う人もチラホラ。
楽しく話ししてたら、受付開始30分前になってたので、一応アップ。とはいえ、初めてのレースなのでどうするのが良いかなんて全くもってわからない。
じわーっと250Wあたりまで上げて、4分程キープしてからレースの強度まで上げるのと、負荷(トルク/乳酸)と神経系(回転系)を交互に300W/30秒を6本。その後、クールダウン。

レースの予想タイムを考えてみたが、自分が出せるタイムが全く予想できない。
試走にもいったけど大台ケ原のダメージが残ってたのか、なんとびっくりの30分・・・
結果、遅すぎてタイムはなんの参考にもならんかったw 関西TTのタイムが似たメンバーが25分切れたらとか言ってたので、便乗して自分の中で25分切りを目標に。

コースレイアウトは頭に入れたので、自分の得意不得意に合わせて走るポイントや、どこで勝負かけるかは把握した。(しかし、当日までに降った雨のせいか砂が溜まっており、そこは危険ゾーンに変身してた・・・)

ということで先人に習え方式で、タイムに関しては、チームのイケメンクライマーnovさんが去年走られた時の動画を参考に、各ポイントまでのタイムをステムに貼り付ける。

前半はアップダウンと緩斜面なので、割と行けるかと。13分10秒以降は激坂区間なので、novさんほどは走れないと考え、タイムは気にせず出し切るだけ。

ただし、前半のアップダウン区間の上り返しの斜度が8%とかあるので、下った勢いで上ると想像以上に出力が要り、無駄に疲労するので、そこだけは気をつけることを意識。
後は、無駄踏みせず回す意識。乳酸の処理能力が低いので踏むと後半で大変なことになるww


レースっぽい(ドヤッ
でも、大雑把w


受付開始後、よくあるおじさんの長話をお聞きしwスタート地点まで移動。

スタートが迫る

この時点では、心拍77で緊張せずだったが、スタート30秒前になってから一気に急上昇w

スタートの号砲の後、お約束といわんばかりにクリートキャッチを3回ミスwww
体が緊張してて、足首が思うように動かない。同列スタートの人に置いていかれる

前を見ると、先頭をひいているのが優勝候補なので絶対についていかないことを決意w
コースレイアウトから行って前半頑張ると後半に超黄金のタレが来るので、かっ飛ばしたいのを堪えて回す。平坦と下りはTTエアロポジションで無駄な出力を減らす。上り返しも、緩すぎね?ぐらいで上る。

で、アップダウン区間で既にバード君とつるみんさんが見えない ヽ(`Д´)ノ ウワーン
一発目の分岐、4:30秒で通過。よし、ほぼステムのタイム。

そのまま緩斜面に突入し、しばらくすると後ろから気配。はい、もう一人の優勝候補の板子さんが来た。しかも、後ろに亀さん付いてるw 口パクで「楽!!」とか言ってる(最低

その後30秒も経たずに、ちょしさんに抜かれる。この3人に抜かれるのはわかってたので、特に驚きはない。逆に、少しでも付いていければと思いついてみるが、俺には無理なペースw
やっぱ速いわw

お寺のパーキング通過タイム9:35秒。よし、まだいい感じ。そのまま前半飛ばしすぎた人達を交わしながら、ギャラリーコーナー付近へ突入。丁度、後ろから伊吹山チャンプのH田さんがやってきたので付かせてもらうが、なんかキツイぞ?サイコン見たら平均350W。1秒で千切れることを決意する!!!無理やろw

そのまま、激坂突入の最終分岐ポイントへ。novさんの前年タイムとの差は?

13:50 (+40秒)

予想以上に差がないことに自分でビックリする。後は、激坂区間とアタックポイントのみ。
踏みたいのを堪えて、降ってくる人を交わしながら斜度が緩んだところで前の人を抜くのを繰り返す。

残り1000m標識、残り500m標識。ここからは「下り~ちょいヘアピン~上り返し」なので急激な出力アップだけが得意な俺のアタックポイント!!

足は思ったより疲労してないので、十三峠で練習した500mスパートを開し・・・ってオイw

下ったところのヘアピンのイン側にカラーコーン立てられて、アウト側に砂浮いてるやんw
試走の時無かったでw アカーン、アタック中止。とギリギリで車体をコントロールし、落車はまぬがれたが、上り返しで加速できなかったので、アタックは残り100mで掛けることに。

丁度、もんきちさんが見えたのでロックオン。100mを400Wで一気に上がる。大腰筋フル稼働でお腹がキリキリ痛い。堪えて回してゴール。ゴール地点で渋滞が発生しないように奥にすすむように促されるが足がすすまねーw 

ゴール地点狭い



先にゴールしたメンバーのところへ行くと、1号さんが落車とのこと。丁度、俺がアカーンと思ったところで砂に滑った模様。風邪をひいておられたので、判断力も下がってのが災いしたかも?とお話しながら、城跡へ。

このレース、ゴールした後に完走証明をもらうため、靴を履き替えて山の上にある城跡まで上がらないといけないルール(誰だよ考えたの

ヘロヘロの体に山登りはキツイ

結構上ってきた

城壁とか


冷凍トマトとキウイを頂く

ワイワイしてから写真取って、下山
(多すぎるやろw)

下山してからマンゴーシェイク?と手作りカレーを頂く
(アットホームな感じでいいね)


後は、表彰式
カテゴリーA
O.H.Cメンバーは残念ながら入賞県外

カテゴリーB
(俺が走ったカテゴリ)
O.H.Cから入賞者2名
優勝 バード君 O.H.C
2位 つるみんさん
5位 コンソメさん O.H.C

なんと、前日にコメントくれたお二人が入賞!!
スゲーw おめでとうございます。
うちのブログのおかげやな(んなわけない、実力)


カテゴリーC
強豪sakataniの方たちが多数

カテゴリーD
O.H.Cからはnovさんと、山田さんが入賞

で、俺のタイム!

公式リザルトで 22分37秒 36名中15位
あれ?予想以上に走れてる。普段どんだけ追い込めてないねんw

心拍に吹くw(レース中は普段より苦しいと思わない不思議)
もっとパワーが欲しい!


一応、自分の中で高強度に絶えるためにやる調整があって、それをやっておいた。
逆算して3日前から調整に入る。

3日前 完全レスト
2日前 心拍の60%目安で1時間以内のLSD
1日前 VO2MAX(パワーベース)でもがく (2分~4分もがいてレスト4分を4本程度)
当日  前日にVO2MAXインターバルを入れると、1日だけ高負荷に耐えられる

この調整で一番きついのが1日前のVO2MAX。普段練習を続けていると耐えられるようなパワーでも完全レスト→LSDの流れからやると、信じられないぐらいにキツイ。ここで、筋肉に負荷を与えないように気をつけてインターバルをやると、何故か1日だけ高負荷に異常に強くなれる。でも、1日だけ。2日は続かない。

スプリントをやりたいときは、前日に自転車ではなく、陸上の100mスプリントをやって骨に振動を与えると、何故かギアが掛かる。自転車でスプリントすると結構グイグイ伸びる。

とりあえず、レース楽しかったです(小並感

















コメント

  1. 高取HCお疲れ様でした!
    練習より本番の方が走れてるってのは結構羨ましいです。つるみんは練習も本番も全く変わらないので。。。(´・ω・`)

    返信削除
  2. つるみんさん
    お疲れさまでした。そしておめでとうございます(さすがの順位!!

    25分予想からの22分台は、さすがにジャンプアップしすぎだろうとw
    たぶん、一人で練習してると知らずに緩めてるんだと思います。
    追い込んでるつもりが、まだまだ甘いということだと思います。メンタルが弱い(フィジカルも弱いw

    つるみんさんのように強くなりたいので、また、ご一緒させてください!

    返信削除
  3. このブログのおかげで入賞できた私がやってきましたよw
    いや、私も予想タイムより速すぎたので普段は甘えてるんでしょうね。
    ま、普段の練習で100%でやる必要は無いと思ってます。
    ガチTTしたら次が続かないので・・・

    やっぱりパワーメーターあると面白そうですねぇ。
    入賞のご褒美はやっぱり・・・・
    (;゚д゚)ゴクリ…

    返信削除
    返信
    1. おめでとうございます!!
      というか、前述のコメントもらったとおり、クリテで入賞されてるんだから平地力が間違いなく上がってますよね!
      なので、コンソメさんの結果も順当でしたね。平地力が上がると登坂力は確実に上がりますね。コンソメさんが証明してくれました(手の平返しではありませんw

      もともとパワメはペダリングの向上に入れたんです。
      相当時間とナニをつぎ込みました(泣

      今年からまともにヒルクライムしてますが、基本は堺浜での実走とローラーでの平地力向上です。平地の走力が向上すると、もれなく坂のタイムが更新できてます。

      平地の方がフォームやペダリングを意識しやすいですし、実際は坂より平地の方が追い込みが難しいです。だからこそ追い込めると・・・!

      パワメも数値だけ追いかけると、他人と同じ出力でも自分だけ全く走らないガチャ踏みフォームになったり、数値だけを出す間違えた乗り方になりやすいので、あくまで自分の弱点を探すツールとして練習には使ってます!!

      長々とわかったようなことを書きましたが、要約すると

      コンソメさんもパワメの世界へようこそ!!ポチッとIYHして下さい!!

      ってことですww

      削除

コメントを投稿