2016年12月31日土曜日

2016年 忘年会ライドと総括

グランペールの田中さんに誘われて超が付くほど物凄い方達の
忘年会ライドに参加。

左からJPT、JPT、JPT
隠れてるところにE1クラスが3名
奥に乗鞍4位のnovさん


2016年12月10日土曜日

ティファニー練にて修行中

ここのところ参加させてもらっているティファニー練。
今日はキリP、平地マン、ヒムロック、エリートさん、Trekyさん、ターボマン、ワイの兎グループ。

おっと、まずは腹パンしてアイテムゲットせねば


トスッ!!ゲットやで!



よっしゃアイテムゲットしたし、頑張るやで(白目

2016年11月30日水曜日

後半のレース振リ返り

そういや、今年の残りの振り返りしてなかった。

高取城戦国ヒルクライム
【目標】19:00
【現実】21:03

いくらなんでも目標が高すぎた。
後、気候変化で気温が急上昇したのに練習を控えなかったので
体調をガッツリ崩した。今も冬の寒さで調子を崩し気味なのでいい加減覚える。
来年こそリベンジ。

2016年11月6日日曜日

岬町クリテC3H リザルト10位(-2.68秒)

今期ラストレース。
もともと出る予定なかったけど、おもしろそうだったので
あだっちゃいさんとヨシさんを誘って参戦!
むふふ、けいはんなの借り返すやで(壮大なフラグ


2016年10月9日日曜日

Vittoria ELUSION NERO 1年間使用してみて

もうこれ1本でいい!と言いたいところ。
が、個人的にはチューブレス使いたいんだよねー。

→マイナーチェンジしてチューブレスレディ対応してるで!(なんやて

2016年9月12日月曜日

第15回HC大台ケ原 リザルト 1:20:17 年代別 17/113位

地元、奈良の大会やで。出るしかないやで!
ということで、参戦。

他の大会と気合が違いすぎる、当大会。
おもてなしの分厚さが桁違い。

2016年9月4日日曜日

けいはんな サイクルロードレース C3 リザルト39位 (タイム差 4.39秒)

久っさしぶりの平坦レースやで!!
2回目のクリテですが、5月のベックオンの手応えでは
C3でも少しは頑張れるかと思って、クラスアップ。

2016年8月22日月曜日

第8回 高取城・戦国ヒルクライム

すっかりポッカリ更新しておりませんでしたで、お寿司。

昨年、人生で初のレースとなった同大会。

1年前に設定した目標値に届いたのか?

2016年6月24日金曜日

来年の各レース目標タイム

人の成長速度を上回る勢いで、レース自体のレベルが上がりすぎている
昨今のヒルクライムレース事情。

私が今年出した伊吹山のタイムは54:34秒で38位。
実のところ、フルコースで行われた2年前のタイムを参考に順位を考えていたので
手元のラップでゴールタイムを確認した時は、よっしゃ20位前後や!

なーんて思ってましたが、張り出されたリザルトを見てビックリ!!
なんと倍の38位!!全然アカンやん・・・

2016年6月16日木曜日

各コースから見る富士ヒルのタイム算出方法

最大目標にしていたレースが終わったので
絶賛増量中でブヒッ!

過去に幾つかの記事でTTのタイムから特定のコースのタイムを
算出する的なことを書きました。

高野山から伊吹山
菰野から富士ヒル
伊吹山から富士ヒル
ヤビツから富士ヒル

大体の検証が終わったので、検証結果。

2016年6月13日月曜日

第13回 Mt富士ヒルクライム リザルト 1:11:54  82/957位

不甲斐ないが結果が全て。レースから得た経験とデータを次に繋げるだけ。
レースとしてはお祭り感が凄くて、楽しかったです。
運営も流石の手際の良さ。

予想より遅かった理由はいくらでも書けるが書いたところで速くなるわけでもなく
結局、同じ答えにたどり着く。足りない要素はただ一つ。

2016年6月10日金曜日

第13回Mt富士ヒルクライム 計測データあれこれ GP4000S2(TU)重量付き

直前、十三峠全開アタック


結果
16:30 296W 61.5kg (4.81W/kg)

前述の記事の通りで15分台は不可能でした。

やはりL5領域が弱っているので、斜度がきついところをパワーで乗り切ろうとすると
垂れる感じがするので、L4の上限しか持続できず。
280W前後でなら3本とか4本ぐらい上れますが、FTP超えてからの15Wは地獄ですな。。。
マジでしんどいわ。

2016年6月7日火曜日

富士ヒル対策@機材編

クライマーとは言い難い体系の私の体。
167cm/62kg うん小デブだねw

そんな私が富士ヒルで少しでも良いタイムを出すために機材を選抜!!

さぁ行ってみよう!

2016年6月5日日曜日

Mt富士ヒルクライムまで後1週間

今年の最大レースまで残すは1週間。

ここまで出来る限りのことはやってきた!というと嘘になるかな。
結局、体重を絞ってパワーを残すということが出来なかった。

こればっかりは付け焼刃的に絞ると足がスッカスカになることが
先日のヤビツとその後の練習で証明されたので、62kg前後での出走となるだろう。

ふっじさーん


ヤビツ以降の主なトレーニングと結果を書き残し。

2016年5月30日月曜日

ヤビツ=富士ヒル!走破タイムの相関確認

用事ついでにヤビツリベンジ。
東京から友人も召喚(到着時間は割とギリギリw

富士ヒルに向けて体重を絞っている途中だったので
前代未聞の黄金のタレ垂れ流しを決めてきたw

5日間をほぼ1日1食で過ごし、1週間で2.5kgも絞ったので
パワーも完全に絞れてました(キリッ

ダイエットしてる最中で超頻尿だったので、グリコーゲンがかなり減っているのはわかっていた。
それでも、前回3月に大雪極寒で35分台~35分切を出せなかったのでヤビツリベンジを決行。

友人が到着する前に、富士ヒルの相関タイムの指標を取りたかったので
単独デイリーヤマザキスタートで全力TT。

2016年5月23日月曜日

富士ヒルクライムへ向けて持久力アップ。ソロアワイチと金剛練(コーチ付w)

24km1255m。
富士ヒルクライムのコースプロファイルである。

しかし、レースを全開で走り切れるほどの持久力が私にはない。
なら走ろうず。

個人的な考えとしては、レースの1.5倍から2倍の距離を8割~9割の力で走る練習をしないと
レースで完全に出し切れないかな。ってことで

ソロアワイチ

5月14日に淡路島一周で持久走と脂肪燃焼。
(2倍って距離じゃねーぞw

2016年5月9日月曜日

5/1~5/8の1週間

走り回ったGWが終わったと思いきや
まだ走るというw

・伊賀市の楽豚目指して、コンソメさん、やまじゅんさんとロングライド。
・GF吉野の試走会に参加で激坂をお見舞いされてくたばる。

1週間の走行距離は約630kmで獲得標高10000m

結果、やりすぎはアカン。

小浜のダメージが存外でヤバく
コリン性蕁麻疹というものになってしまいました。。。

痒いお (´・ω・`)

2016年5月6日金曜日

走り回ったGW

ベックオンのクリテリウムが終わったので富士ヒルへ気持も体も切り替える。
さぁロングだ!

ということで、ベックオン直前の練習時にくにさんが5月2日は暇!と言っていたので
どっかロング行きますか?ってことで、ビワイチ、アワイチのどちらかにします?と話していたが
GWの車の多さに危機を感じて、小浜に変更。

京都の北山まで車載で行きそこから自走で小浜まで。

2016年5月2日月曜日

2016 ベックオンカップ クリテリウム C4L リザルト5位

とりあえず落車なく終えれたので目標達成!!

レースは落車多すぎてカオスな状態でした。
以下、レポート

2016年4月27日水曜日

速さについて。

ここから書く内容は自分の考えを纏めたものであり
何かに対して優劣を付けたり、否定するものではありません。

長ったらしい文章が嫌いな人はスルー推奨w

出来る限り淡々と書いて行きます。

2016年4月24日日曜日

Mt富士ヒルクライム、目標設定無しで行く!

目標決める→達成出来なさそう→目標達成する為に設定した手段を目標にしてしまう・・・

 富士ヒル何分で走りきる→体重をあと3kg絞らなアカン→体重絞らないと、体重絞らないと!!

 体重絞るのが目的でしたっけ?

 自分の性格を客観的に見ると最初に目標を設定するのは不味いと思い立った次第。

手段と目的を間違える自信があるw

 いや、違うな自分の体重絞れないのを棚に上げたいだけだ!(アカン人認定

 毎回体重絞れない!と嘆いている私ですが、そんな私も今日で初めて十三峠に登頂してからほぼ1年目になります。

2016年4月20日水曜日

レースの目標が定まらない。

エントリー済みレースはあと2つ

今のところ、あと2つなだけですが。

1つ目はベックオンカップ クリテC4

2つ目はMt富士ヒルクライム

たぶん、高取と大台ケ原は出ますけども。

2016年4月19日火曜日

物事の順位

ホイールの話ではなくなりますが、個人的に今まで効果のあったもの
フィッティング>シューズ>タイヤ>ホイール>パワーメーター

上記の順番です。

2016年4月13日水曜日

ホイールが増えたので

伊吹山終わって一言。
パワーなさすぎなので、食って練習して力つけてやる。

を言い訳に太っております。
富士ヒル前に絞るの大変やろなーww

で、話変わってホイールについて

現在、私の手元には4種類のホイールがおります。(いつの間にそんなに・・・

①SHIMANO WH-RS11
→(ブチルチューブ+TOPPAZIO PRO 23C)

②FULCRUM Racing 3 2way-fit
→(IRC TUBELESS RIGHT 23C)

③Vittoria ELUSION NERO 
→(SOYO Latex+R1X 23C)

④MAVIC キシリウム プロカーボン SLチューブラー
→Yksion Pro GripLink (front) & PowerLink (rear) 25C

ホイールとタイヤの使い分けについては↓な感じ。

2016年4月11日月曜日

2016年4月9日土曜日

2016 伊吹山ヒルクライム前 計測データあれこれ

菰野ヒルクライムに続いて伊吹山もデータとして残しておこう。

体重       61.5kg(グリコーゲン完全に空で60.5kg)
ウェア   1.4kg
自転車   7.17kg(ボトル200mlの水含む)

2016年4月3日日曜日

伊吹山対策で3度目の高野山TT 高野山TTのタイムから伊吹山のタイムを考える

前回行ったのは闘魂練であり、新生teamSUNZOKUの初練習の日。
菰野でいきなり大躍進を見せたSUNZOKUのメンバーとして、半年の間に私は、成長出来ているのか?

それを確認したく、また、伊吹山ヒルクライムとほぼ同等の時間追い込みたいのと、伊吹山での予想タイムを算出するために、高野山TTを慣行。

ちなみに、約半年前の記事はこちら
タイムと出力は 53:16 平均241W (体重65kg)
前回のは真夏であり、護摩壇山まで登るということでダブルボトル搭載だったので、総重量込みで約74.5kgのパワーウエイトレシオ 3.23倍。

今回の体重は62.2kg +装備の約72.2kg

当日は、ご近所さんを誘おうと考えていたら、もうお一人方からお誘いを受けたので
3人で車載で向かうことに。

自分的にはお二人が早すぎて、千切られるの確定してますけどねw

2016年3月28日月曜日

2016年3月26日土曜日

第4回 菰野ヒルクライム前 計測データあれこれ

体重とか機材の覚え書き。

体重   61.6kg(グリコーゲン通常で60.8kg)
ウェア   1.5kg(今回は寒いのでちょっと厚着)
自転車   7.5kg(ボトルケージ+ボトルの水200ml含む)
※高取ヒルクライムで口がカラカラになったので、最低限は入れておくw

機材について (高取の時もこんなん書いてたなw)

2016年3月21日月曜日

レースシーズン開幕前に反省

3月27日、今年初戦のレース菰野ヒルクライムに参戦。
新生teamSUNZOKUの初陣でもある。

teamジャージを着て走るからには無様なレースはできない。
冬の間をひたすらベーストレーニングに当て込み、3月から高強度でドカーンとパワーアップ!

するハズだったww
ハズ?

2016年3月17日木曜日

ヤビツアタック!!

嫁が東京に用事があるので夜行バスで出かけるという。
ん~、最近のバスの事故率見てると、はい、いってらっしゃい!とは言えず。

仕事も段取りが付きそうだったので、付き添い兼運転手として同行することに。
ただ、用事している最中どうすんだよって話になるわけで。。

\  __  /
_ (m) _  ピコーン
   |ミ|
/ `´  \
  ( ゚∀゚)
 ノヽノ |
  < <

2016年3月8日火曜日

2015年~2016年ここまでの練習纏め

12月後半、1月、2月の走り込み。
約3000km

ローラー込みというか、ほぼローラーw

だがローラーでの走行距離は負荷が低いほど距離が伸びてしまうので、それを解消するためにパワーを時速に換算し、時間×換算速度で距離を割り当てる。

2016年2月22日月曜日

体への投資

追い込みたいのに足が回らない=追い込みすぎたから足が回らない

どちらにせよ、回復しきっていないのに追い込んでも届いて欲しい領域に
刺激が届かなければ、折角追い込んでも効果は少ないんじゃないかなー?とか思ったり。

なので最近は回復に気を使って、お薬を塗り塗り(アカンお薬ではない

自作のアロマ


調合中の匂いがリビングに充満して嫁が倒れかけるww

効果の程は、個人的にはあり。

今までだったら朝起きて足がパンパンな状況でも、ダル重い感じがしない。

なので、その日の夜のトレーニングもやる気になる。やる前にメンタルが負けても追い込みきれないなんてことも回避出来る。

まぁ偉そうに語っても結果として速くなっていかないといけないな。

春に開け、俺w (いや、マジで開いて



2016年2月13日土曜日

SUNZOKUチーム練 今年一番の追い込み

2月11日にリーダーである1号さんの呼びかけで、SUNZOKUチーム練開催。
しかし、前日に1号さんが高熱でダウン、当日カメさんが目覚ましかけ忘れでDNS(相変わらずやりおる
参加メンバーが減るも高強度は確定なメンバー。

山田さん、novさん、コンソメさん、macさん、ザクさん、つるみんさん、私。

2016年2月6日土曜日

2016年 1発目のレース かしわらハーフマイルヒルクライムスプリント

無料のレースがある!
昨年のSUNZOKU忘年会にLINEで知ったこのレース。

かしわらハーフマイルヒルクライムスプリント

大阪教育大学の敷地を使って、800m高度50Mのハーフマイルスプリントレース。
無料、近い、参戦しない理由が無い!ということで参加してみた。