2016年4月27日水曜日

速さについて。

ここから書く内容は自分の考えを纏めたものであり
何かに対して優劣を付けたり、否定するものではありません。

長ったらしい文章が嫌いな人はスルー推奨w

出来る限り淡々と書いて行きます。

2016年4月24日日曜日

Mt富士ヒルクライム、目標設定無しで行く!

目標決める→達成出来なさそう→目標達成する為に設定した手段を目標にしてしまう・・・

 富士ヒル何分で走りきる→体重をあと3kg絞らなアカン→体重絞らないと、体重絞らないと!!

 体重絞るのが目的でしたっけ?

 自分の性格を客観的に見ると最初に目標を設定するのは不味いと思い立った次第。

手段と目的を間違える自信があるw

 いや、違うな自分の体重絞れないのを棚に上げたいだけだ!(アカン人認定

 毎回体重絞れない!と嘆いている私ですが、そんな私も今日で初めて十三峠に登頂してからほぼ1年目になります。

2016年4月20日水曜日

レースの目標が定まらない。

エントリー済みレースはあと2つ

今のところ、あと2つなだけですが。

1つ目はベックオンカップ クリテC4

2つ目はMt富士ヒルクライム

たぶん、高取と大台ケ原は出ますけども。

2016年4月19日火曜日

物事の順位

ホイールの話ではなくなりますが、個人的に今まで効果のあったもの
フィッティング>シューズ>タイヤ>ホイール>パワーメーター

上記の順番です。

2016年4月13日水曜日

ホイールが増えたので

伊吹山終わって一言。
パワーなさすぎなので、食って練習して力つけてやる。

を言い訳に太っております。
富士ヒル前に絞るの大変やろなーww

で、話変わってホイールについて

現在、私の手元には4種類のホイールがおります。(いつの間にそんなに・・・

①SHIMANO WH-RS11
→(ブチルチューブ+TOPPAZIO PRO 23C)

②FULCRUM Racing 3 2way-fit
→(IRC TUBELESS RIGHT 23C)

③Vittoria ELUSION NERO 
→(SOYO Latex+R1X 23C)

④MAVIC キシリウム プロカーボン SLチューブラー
→Yksion Pro GripLink (front) & PowerLink (rear) 25C

ホイールとタイヤの使い分けについては↓な感じ。

2016年4月11日月曜日

2016年4月9日土曜日

2016 伊吹山ヒルクライム前 計測データあれこれ

菰野ヒルクライムに続いて伊吹山もデータとして残しておこう。

体重       61.5kg(グリコーゲン完全に空で60.5kg)
ウェア   1.4kg
自転車   7.17kg(ボトル200mlの水含む)

2016年4月3日日曜日

伊吹山対策で3度目の高野山TT 高野山TTのタイムから伊吹山のタイムを考える

前回行ったのは闘魂練であり、新生teamSUNZOKUの初練習の日。
菰野でいきなり大躍進を見せたSUNZOKUのメンバーとして、半年の間に私は、成長出来ているのか?

それを確認したく、また、伊吹山ヒルクライムとほぼ同等の時間追い込みたいのと、伊吹山での予想タイムを算出するために、高野山TTを慣行。

ちなみに、約半年前の記事はこちら
タイムと出力は 53:16 平均241W (体重65kg)
前回のは真夏であり、護摩壇山まで登るということでダブルボトル搭載だったので、総重量込みで約74.5kgのパワーウエイトレシオ 3.23倍。

今回の体重は62.2kg +装備の約72.2kg

当日は、ご近所さんを誘おうと考えていたら、もうお一人方からお誘いを受けたので
3人で車載で向かうことに。

自分的にはお二人が早すぎて、千切られるの確定してますけどねw