2016年6月24日金曜日

来年の各レース目標タイム

人の成長速度を上回る勢いで、レース自体のレベルが上がりすぎている
昨今のヒルクライムレース事情。

私が今年出した伊吹山のタイムは54:34秒で38位。
実のところ、フルコースで行われた2年前のタイムを参考に順位を考えていたので
手元のラップでゴールタイムを確認した時は、よっしゃ20位前後や!

なーんて思ってましたが、張り出されたリザルトを見てビックリ!!
なんと倍の38位!!全然アカンやん・・・

2016年6月16日木曜日

各コースから見る富士ヒルのタイム算出方法

最大目標にしていたレースが終わったので
絶賛増量中でブヒッ!

過去に幾つかの記事でTTのタイムから特定のコースのタイムを
算出する的なことを書きました。

高野山から伊吹山
菰野から富士ヒル
伊吹山から富士ヒル
ヤビツから富士ヒル

大体の検証が終わったので、検証結果。

2016年6月13日月曜日

第13回 Mt富士ヒルクライム リザルト 1:11:54  82/957位

不甲斐ないが結果が全て。レースから得た経験とデータを次に繋げるだけ。
レースとしてはお祭り感が凄くて、楽しかったです。
運営も流石の手際の良さ。

予想より遅かった理由はいくらでも書けるが書いたところで速くなるわけでもなく
結局、同じ答えにたどり着く。足りない要素はただ一つ。

2016年6月10日金曜日

第13回Mt富士ヒルクライム 計測データあれこれ GP4000S2(TU)重量付き

直前、十三峠全開アタック


結果
16:30 296W 61.5kg (4.81W/kg)

前述の記事の通りで15分台は不可能でした。

やはりL5領域が弱っているので、斜度がきついところをパワーで乗り切ろうとすると
垂れる感じがするので、L4の上限しか持続できず。
280W前後でなら3本とか4本ぐらい上れますが、FTP超えてからの15Wは地獄ですな。。。
マジでしんどいわ。

2016年6月7日火曜日

富士ヒル対策@機材編

クライマーとは言い難い体系の私の体。
167cm/62kg うん小デブだねw

そんな私が富士ヒルで少しでも良いタイムを出すために機材を選抜!!

さぁ行ってみよう!

2016年6月5日日曜日

Mt富士ヒルクライムまで後1週間

今年の最大レースまで残すは1週間。

ここまで出来る限りのことはやってきた!というと嘘になるかな。
結局、体重を絞ってパワーを残すということが出来なかった。

こればっかりは付け焼刃的に絞ると足がスッカスカになることが
先日のヤビツとその後の練習で証明されたので、62kg前後での出走となるだろう。

ふっじさーん


ヤビツ以降の主なトレーニングと結果を書き残し。