第13回 Mt富士ヒルクライム リザルト 1:11:54  82/957位

不甲斐ないが結果が全て。レースから得た経験とデータを次に繋げるだけ。
レースとしてはお祭り感が凄くて、楽しかったです。
運営も流石の手際の良さ。

予想より遅かった理由はいくらでも書けるが書いたところで速くなるわけでもなく
結局、同じ答えにたどり着く。足りない要素はただ一つ。



圧倒的な力


ただそれだけ。

シルバーはヒルクライムTTで"速い人"
ゴールドはヒルクライムで"強い人"

急斜面だから踏み過ぎないように、緩斜面だから~、トレインについて~
これらをやっても行き着く先はシルバーの上限タイムであり、ゴールドではないと見せつけられた。

シルバー獲得
斜度がきついので垂れないように、ここは押さえて~
このトレインで脚休める&この速度なら足が合うから~

ゴールド獲得
急斜面→ごりごり踏む
緩斜面→ごりごり踏む
トレイン→俺についてきたらゴールド取らせてやるよ

本当にこれぐらい圧倒的な力が必要。


今大会、一般参加者の完走者7982名のうち、42名のみが獲得。
完走者の0.5%しか存在しないのだから、ごくごく当たり前な話だったとw

今回の自分は、結局レース中に前述のいくつかの関連記事で書いた
標高の高さによる酸素濃度の低下、これによる出力の低下をモロに食らう結果に。
※これには個人差がある。ECO(Elevation corrected power)

前日、受付でもらったシールにこんなものが


ゴールド獲得への5km毎の通過タイム。
これをステムに貼り付けて、走りながら確認。
詳細は後で書くとして、実際の通過タイムとラップパワーは以下の通り。
前半抑え目に入ってるのに、5km毎に10Wも下がっていくという
見事すぎる垂れ方をしている。

距離 (差異) [ラップパワー]
  5km(ジャストで通過)[270W] 
10km(2分遅れで通過)[260W]
15km(4分遅れで通過)[250W]
20km(6分遅れで通過)[240W]
※21km地点で"65分"の表示。心がへし折れる。

レース前日
宿のご主人と話してる時に
ここいらは標高1000mもあるから朝夕の寒暖差が凄いよ、と。
自分で書いた酸素濃度の話を思い出す。(後に悪い方へビンゴする。

前日受付で預かった計測チップが足首に付けるタイプ・・・
どう考えても邪魔やんw


付けてペダリングの邪魔にならない締め付け強度確認の為
河口湖周辺を走って足回しておく。

レース当日
前日からかなり食べたけど、体重は61.5kg。
(体重計持ってきた)

精神安定上非常によろしいw


今回初めて使う2RUNとレース中の補給ジェル。
VAAMとアミノバイタルは走る直前に摂取。

ドーピング


2:30起床。ゆっくりと着替えつつ動いて体を起こす。
30分だけローラーで低強度で汗出して血行促進。
会場までの坂で30/30のインターバルで刺激を入れる。アップはこれだけ。
会場手前で下っていくちょしさんとスライド(アップしに行った模様

5時に第3ウェーブ集合場所に到着、自転車置いて知り合い待ち。
バード君が見つけてくれて談笑。花田さんも登場。
O.H.Cのメンバーも続々と登場。

更には臨時漕会@Hiroさんが見つけてくれて、声をかけてくれる。
お隣には初めましてのダイズさんも。ご挨拶。
ダイズさんの口からは、どれが真実なのかわからない発言が真顔で繰り出されるw
Hiroさんも苦笑いであるw 吹くわw

皆さんのおかげで緊張することなくスタート時刻。
ちなみに、SUNZOKUで参加したnovさん、ちょしさん2人とも風邪っぴき状態。。。
そんなこんなでスタート。

スバルラインの料金所、数百m手前から計測開始。
手元のGARMINのラップもスタート。
novさん、私、ちょしさんの順で走る。途中でちょしさんが前へ出ていく。

【5km】
上記のシールに目をやると記載されているタイムとほぼ同じ。
まぁ可もなく不可もなく。後はこれをこなし続けるだけ。
このあたりでnovさんとちょしさんをお見送り。

一部の剛脚さんからは”平坦”と発言される富士ヒルとはいえ
重量ある私には斜度が高めな序盤は
どうやってもnovさん、ちょしさんとは足が合わない。

【10km】
そのまま足の合うトレインで10km地点通過。
ジェルを流し込みつつ、タイムを確認。
2分遅れ。260W。あれ?既に垂れてるじゃねーかw

このあたりから自転車を進めている感覚と実際の速度に乖離が出始める。
呼吸も筋肉も苦しくはないが、これ以上上げることができない。
きっちり低酸素にやられておりますでお寿司。
冷静に判断できたがどうすることもできないので、そのまま淡々と。

【15km】
前方の誰かがボトルを落としたらしく転がってくる。(マリオカートかよw
響く「ボトルー!」の大合唱w
ここで4分遅れ。250W。5km毎にきちんとマイナス10W。
綺麗な垂れ方に、凹むより寧ろ感心し始める自分がいるw
2本目のジェル補給。SAVAS不味いw

【20km】
S.E.Oさん発見!!もうすぐ最後の平坦区間。
一人で走るより二人で走った方が良い。
私「S.E.Oさん行こう!」
S「無理ーw」
私「すみません、先行きます!」

※21km地点
GARMINのラップタイムに[1:05:00]の表示。ポキッ(何か折れた
novさん、ちょしさん、ゴールド届いたんかな?
届いてて欲しい。で、俺はせめて10分切れるんか?
後3kmで5分か。無理じゃね?とか頭の中グルグル。
(後で考えれば、"せめて"10分とか失礼やな。

ここぐらいから速度に乗るが、売り切れた足では40km/h出るかどうか。
後ろから43km/hぐらいのお兄さんが現れたのでタダ乗り。

そのままゴールまで。最後の最後で斜度がグンと上がるので、超必至。
思い切り踏みたいけど、それすら無理。踏ん張るので精一杯。

と、ここで抜かして平坦で引き離したはずのS.E.Oさんに抜き返されて思わず吹くw(ちょっ

とラスト300mだけ踏みまくってゴール。1時間10分切りもできなかった。完全な力不足。
手元のラップで[1:11:55][241W]。

ここまでの練習に付き合ってくれた方の顔が思い出されて、申し訳なさで一杯。
ただ、不思議なほどに悔しさはない。自分に力がなかっただけ。本当にそれだけ。

1年で後7分。24kmで7分ってことは1km毎に17.5秒縮める計算。
1km17.5秒ならいけんじゃね?と思ったが、十三峠で1km毎に17.5秒って考えると
走破タイムを1分以上縮めないといけない。しんどいな。
ということは、自分の場合ECOによるタレを考慮しても
十三峠を15分30秒より上のタイムで安定させれば
ゴールドに届く可能性があるってことか。

荷物受取に行って、novさん、ちょしさんと合流。
風邪ひいてても、きっちり10分切ってる2人。。。つえーな。

下山装備付けて、持ってきたパンをモグモグ。赤コーラぐびぐび。
うっ、うめぇ。ちなみに、レース後の座右の銘は暴飲暴食。

O.H.Cのメンバーとも合流して、下山グループの集合場所へ向かう。
グランペールの田中さん発見。主催者選抜6位!
主催者選抜の優勝は森本さん。兼松さんと2人旅だった模様。
乗鞍の1,2位がそのまま富士ヒルでも。やはり別格か。

嫁を待たせているので、名残惜しいがメンバーに声掛けして会場を後にする。
綺麗に見える富士山見上げて、来年のリベンジを誓う。

麓の温泉で嫁と合流して、自転車片づけてお風呂。
露天風呂が気持ち良すぎて死にかける。

出てきたら、あらダイズさんが自転車片づけてる。
皆考えてること同じw
私服なので誰かわかんないだろーな
私「お疲れ様です」
ダ ( ゜Д゜)????
名前名乗って、再度ご挨拶してお別れ。

飯食って、渋滞前にそそくさと帰宅。
楽しかったしお祭り感が凄かった。

来年レース後の富士山はどんな風に見えるかな

コメント

  1. お疲れ様でした。
    ダイズさんに会っちゃいましたかw
    その文章だけで爆笑しました。
    一緒に乗るともっとおもろいですよ。あの男。

    今のmasabowさんでこのタイムなのかーっ感じです。ハードな世界ですね。
    次は平坦で頑張りましょう。(お誘い)

    返信削除
    返信
    1. コンソメさん
      お疲れ様でした!

      一瞬でダイズワールドに引き込まれましたw
      7月の練習会来てくれるかも?とのことでしたので、楽しみです!

      平坦も頑張りますので宜しくお願いします!

      削除
  2. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  3. れすとまん2016年6月14日 9:37

    こんにちは!!富士ヒルお疲れ様でした!残念ながら目標には届かなかったようですね。しかし、黄金聖闘士ともなると7982名のうち42名。完走者の0.5%とかなり狭き門なんですね。まあ、僕も戦略無視のごりごり派なので出てれば43人目の黄金聖闘士になってたハズ!(言うだけはタダ)←殴
    まあ、冗談はさておき僕も色々スポーツしてきましたが、残酷なものでホンモノの人達って小細工とか戦略とかそういう次元じゃないんですよね…勿論そういう人達も技術や戦略を駆使してるのだけど、そもそものベースの戦闘力の次元が…って感じ。。。
    一段落して次回に向けてまた修行の日々ですね!またどこかでお会いしましょう!FRAT練でタイミング良く会えたら、ご希望とあれば牽かせて頂きますよ♪

    返信削除
    返信
    1. れすとまんさんなら、一発ゴールドですよ!
      さらに、ごりごり踏んで先頭集団崩壊させるでしょうねw

      FRATか天狗一でお会いしたら、宜しくお願いします!

      削除
  4. お疲れ様でした
    分かっていましたがやはり5倍界王拳 1時間キープ出来るってのが最低条件ですね…(*_*)
    ですが今回初出場の富士ヒル楽しすぎました
    関東に自転車仲間がいますので普段会えない人たちに会えて、イベント的な盛り上がりも凄くて、運営も洗練させれていました
    その上コース的にも申し分なくて今後の春のレースの予定は再考するつもりです

    お互いゴールド目指して頑張ってみますかww

    返信削除
    返信
    1. ちょっと遠いですが楽しかったですねー(^O^)

      ちなみに僕も初参戦でした!知り合いが多いほど楽しめますね!

      行きましょう、ゴールド!

      削除

コメントを投稿